[夫発信]離婚理由になるような事は全て経験してるけど離婚しない理由

こんにちはオット(@otto_blog)です。

離婚を考えている人にとって離婚を意識しだした「原因」があることだと思います。

何かキッカケがあったから「離婚」を考えるようになったわけで、何もなければ「離婚したい」なんて考えませんよね。

私自身、自分で言うのもおかしいですが、世間一般的な「離婚理由」になる事をかなり多く経験していると思います。

誇れることではないですけど(笑)

この記事では今までに私(夫)が妻にされてきた「離婚理由」になるようなものを紹介します。

離婚していない理由も記載致しますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

借金

「借金」を理由に離婚する人もいますよね。

生活を共にする夫婦だからこそパートナーの借金は死活問題になります。

私の妻は結婚当初から金遣いが荒かったんですよね。

夫や妻の金遣いが荒い!?話が通じないパートナーの対処方法

2019年6月8日

お金に関するトラブルは数えきれない位あるのですが、一番の原因は「遊ぶお金がない状態を我慢できな」いことでした。

始めは家計の管理を任せていたのですが、あまりにもパチンコや飲みなどに使ってしまうので私が管理するようになったわけです。

当然、私の給料を渡さなくなったので遊ぶお金がなくなります。

で、自分で働くようになり「食費」を担当してくれることになったのですが、遊び代を優先してしまうので「食費がない」ということがよくありました。

酷い時には遊ぶお金欲しさに「給料を落とした」なんて嘘をついたり(笑)

そんなことを続けているものだから、お金はいくらあっても足りなくなり、最終的には私名義のクレジットカードでキャッシングしたり、消費者金融でお金を借りたり、家の貯金を使い込むまでになったわけです。

一年くらいで200万くらいの借金を見事に作り上げましたね。

10年以上経った現在では、私が返済したり、妻が自分で返済したりと借金は何とか返すことができました。(まだ隠しているかもしれないけど)

今では完全に財布を分けているので、妻がいくらお金を使おうが私には関係ありませんが、未だにお金にはだらしない感じで裏でコソコソ何かしている様子はありますね。

 

不倫

私が知る限りだけでも妻は二度不倫しているんですよね。

一度は男性と手を繋ぎながら歩いている所を私が目撃したのと、後は追求して自白したものの二つになります。

一度目は本当にショックでしたが、二度目の時には慣れからから「やはりそうか」としか感じなくなってました(笑)

新しい相手ができると新しい服を買ったり、化粧や香水などに変化があるから分かりやすいんですよね。

後はダイエットを始めたり。

結婚後、4~5年は嫌で嫌で仕方ありませんでした。

今は全く干渉しないので、相手がいるのが知りませんが、例え相手がいたとしても「どうぞご自由に」ぐらいしか思いませんね。

まぁ、今もおそらく相手はいるのではないかと。

昔から相手がいる時はコソコソ携帯を操作していましたが、私は最近は全く何も言わないので油断してたのか子供が急に「誰とLINEしてるの?」と画面を除き込んだら急いで隠していましたよ(笑)

育児

私が家事育児を9割担当しているんですが、子供のことより「自分」を優先する傾向があるんですよね。

なので、一般的な母親からしたら「面倒を見てない」と捉えられることがあると思います。

私がよく子供を見ているので、「父子家庭」だと勘違いされたりもします。

父子家庭と勘違いされる我が家の家庭事情

2019年5月19日
妻は遊びに行ったり、夜の時間帯の仕事で私はもちろん、「子供とも時間が合わない」のでフルタイムで働いている私よりも子供と過ごしている時間が短いんですよね。

なので、保育園に子供が通っている頃は先生達に「育児放棄」を疑われていました。

私がよくお迎えに行くと「ママって子供達の面倒見てる?」なんて聞かれたり・・・・

今もそうですが本当に子育てというか「自分の欲求を満たす」以外に関心がないように感じます。

なので、子供達は「私が育ててきた」という気持ちが強いですね。

家事

育児に加え、「家事」も妻は積極的ではありません(笑)

担当しているのは夕飯の準備だけです。(これだけでも毎日するわけではなく、土日などは私が作ったりしてます。)

その他の家事は私が担当しているわけです。

よく「パートナーが家事を手伝わない」ってあるじゃないですが、我が家の場合「手伝わない」じゃなくて「やらない」ですからね。

なので家事育児は私が全てこなせるので、妻がいなくても生活はできます。

当然、片付けもしないので「物がどこにしまってある」かも知りません。

子供ですら知っているのに。

たまに「奥さんがいないと何もできない」って人がいるじゃないですか。

私からしたらありえないレベルの話ですね(笑)

コミュニケーション

妻はもともと「コミュニケーション」が得意な方ではないんですが、家族ともあまりコミュニケーションを取ろうとしないです。

単独行動が好きなんですよね。

家にいる時でもスマホを触っているか、ゲームを長時間やっているかです。

旦那がゲームばかり?妻もゲームばかりですよ!?

2019年5月19日

おそらく家族というか「人」にあまり興味がないんでしょうね(笑)

同じ空間にいてもあまり喋ったりはしません。

私が子供達と何かしていも、一人でチャットしながらゲームしているような感じです。

家にいる時はこんな感じで、さらには家族と生活のリズムが違うので、一週間の半分くらい「顔すら見ない」ってことがよくあります。

長い間、このような生活をしているので、誰も妻の予定を聞かなくなりました。

家にいてもいなくても、とくに変わることはないですし。

私が離婚していない理由

私が離婚しない理由は2つあります。

1つは「自分で選んで結婚したから仕方ない」という自己責任です。

まぁ、できるだけ自分で決断して結婚したのだから、「責任を持とう」という感じですかね。

2つ目の理由は「子供達が妻と仲が良い」ということです。

離婚しない最大の理由はこれですね。

家事育児に積極的ではないにしろ、子供達は楽しそうに妻と話したりしています。

子供にとって、どんな母親でも替えはいませんし。

この記事のまとめ

この記事では私が経験してきた「離婚理由になるようなもの」と「離婚しない理由」について、ご紹介しました。

我が家の状況を知っている人から「よく離婚しないね?」と言われたりしますが、離婚するにも労力もお金もかかるから、どうでもよくなりつつあるんですよね。

プラスに考えれば「妻に干渉されなくて良い」って部分もありますし(笑)

まぁ、子供が大きくなったらわかりませんが・・・・

おわり。

何か感じたものがありましたシェア宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です